デジタルカメラの講習会

こんにちは。ビズガーデニング店長の浅野です 

 先日、 JHBS埼玉支部さん主催の「デジタルカメラの講習会」におじゃましてきました。

講師は、テレビその他で活躍されている
office道々楽者 代表 佐藤太志朗氏。

佐藤さんのHPはコチラです。


私のカメラは、LUMIX。いわゆるコンパクトカメラです。

これまでは、いつも何を撮るにも「オート」で撮っていましたが 
(どこを設定すればいいのか分かりませんでした)

お話を聞いて、ちょっと設定をいじってみました。

モデルは臼井勝美さんの寄せ植えです。
朝の霜がとってもキレイだったのです。



シルバーリーフとチェッカーベリーのリース。
本物のシルバーのようにキラキラとして、いっそう魅力的 




別のチェッカーベリーのアップです。
良く見ると細長い霜を振りかけてあるみたい 




ミニハボタンの どアップです。
こちらは粒の霜が花びらの縁に舞い降りてきちんと座っているみたいです 

・・・こんなふうに撮れると、なんとなく腕が上がったような気がしてうれしいですね 


いろいろと伺いましたが、その中で「手ぶれを防ぐために、タイマーを利用する」という技を教えていただきました。

なるほど、タイマーに「2秒」という設定があるのは、そういうワケだったんですね〜 



佐藤先生ありがとうございました 

JHBS埼玉支部の皆さん、お世話になりました 



 ビズガーデニングHP TOPページはこちらからどうぞ 

at 16:03, ビズガーデニングのスタッフ, その他

comments(0), -, pookmark

今年もお世話になりました

ビズガーデニングは明日から冬季休業をいただきます。

新年は1月5日からの営業となります。


2011年、いろいろなことがありましたが、
ビズガーデニングは皆さまのおかげで今年も無事に納めることができました。

どうもありがとうございました 


皆さんどうぞ良いお年をお迎えください 


 ビズガーデニングHP TOPページはこちらからどうぞ 

at 16:04, ビズガーデニングのスタッフ, その他

comments(0), -, pookmark

雑草との付き合い方 その6

車の窓を開けて走らせたくなる  、なんとも気持ちの良い陽気が続いていますね 

ガーデニングにも最高の季節です 
皆さん、楽しく庭仕事してますか?


さて、今日は久しぶりに「雑草との付き合い方」シリーズです。

本日のテーマは「愛される雑草」です。

そうです、雑草にも人々に愛されるなんだかおトクな仲間がいるのです。

しかも結構たくさんいるんですよ。

でもま、この季節の代表はコレですね 



そう、彼岸花です。
多分どこの彼岸花もほとんどは雑草として生えてきたものでしょう。

この赤い色と、可憐な花姿、お彼岸に間違いなく咲くことなどから
日本人のマインドにピッタリなんでしょうね。

ビズガーデニングのお店の脇を流れる越辺川の土手も
ほんの数日前は見事にドレスアップしておりました。



撮影は10月6日。あと2日早く撮れれば最高だったのですが・・・・・



咲くのも速いが、枯れるのも速い。
本当に一瞬の美しさです 


他に身近なところにも愛される雑草はいろいろあります。

たとえば、この「ヒルザキツキミソウ」 



ビズの花壇にもたくさん生えてきます。

以前に全部抜いて、わざわざ鉢に植え直したのに
後からどんどん地面から生えてきてしまいました。

今は放置しております 


人は見た目が○○%・・・と言いますが、雑草とて同じなのです 

ただでさえ厳しい生存競争。

見た目で愛されて生き残る、という選択肢を選ぶことは時として非常に重要なのだ 



というわけで・・・なんだか熱くなってしまいましたが 
また今度 愛され雑草ちゃんを撮影したときは報告させていただきま〜す 


 ビズガーデニングHP TOPページはこちらからどうぞ 

at 16:18, ビズガーデニングのスタッフ, その他

comments(0), trackbacks(0), pookmark

彩の国 みどりのサポーターズクラブ

こんにちは。 店長の浅野です 

さて突然ですが、みなさんは
「彩の国みどりのサポーターズクラブ」というものをご存知ですか?

自動車税の支払い書と一緒にリーフレットが入っているので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

私もこれで知りました 


埼玉県は、自動車税の一部(1台当たり500円)や寄付金を財源として
「彩の国みどりの基金」を設立しています。

これは、豊かな埼玉の森林の保全整備や身近な緑の保全・創出など
「みどりの再生」のために活動するものです 

そして「彩の国みどりのサポーターズクラブ」は、

『植樹活動や保全活動を進めていきたい・活動を知ってもらいたい・
活動に参加したい・仲間を増やしたい』 

と考えている団体・企業・個人が、会員相互の交流や情報交換を通じて
地域における活動の輪を広げ、県内各地の植樹活動などを
促進していくためのクラブです。


嬉しいのは、なんと希望の苗木を無料で提供してくれるところです  

1回の苗木提供は5万円相当分を上限とし、年2回までとなりますが、
記念などに1本だけ植えたい方も、ご希望の苗木を提供してくれます。

お庭に植える記念樹などもこのような制度を利用すれば、
より豊かな思い出になるのではないでしょうか 


(加入するともらえるオリジナルフラッグ)

ビズガーデニングもこのクラブに加入しましたが、
残念ながらまだ、具体的な活動はしていないのです 

でも、機会があれば是非、植樹や下草狩りなどに参加してみたいと思っています 


このクラブは個人でも加入できますので、
森林保全や自然環境保護などに興味のある方は、ぜひチェックしてくださいね 



ということで、ここまでクラブのご紹介をしてきましたが、
具体的な活動がわかると思いますので、最近来たメルマガをそのまま載せておきますね。






彩の国みどりのサポーターズクラブ メルマガ平成23年度第9号

クラブ会員のみなさま(団体代表の方については、団体のみなさんにも送ってあげてくださいね☆)

 こんにちは。秋が待ち遠しい今日この頃ですね。
☆「緑のカーテンリレー」で収穫していただいたゴーヤの種が届き始めました。お手持ちの種があったら、お送りくださいね。
☆メルマガで紹介した下刈りなどのイベントにも、たくさん参加していただいております。これからも、耳より情報をお送りしていきますね☆
 今回は、クラブ会員の団体さんが行うイベントを2つご紹介します!どちらも秋にぴったりの楽しいイベントですので、ふるってご参加ください☆

【昆虫の森 植樹祭】
 日時:平成23年10月15日(土) 10:30から11:30
 場所:秩父ミューズパーク第1駐車場付近「昆虫の森」入り口
    http://www.muse-park.com/
 参加費:無料
 内容:庭木で育て切れないものありませんか?捨てる前に、ぜひ昆虫の森へ植えに来てください。(在来種に限ります。)植樹だけしてみたい方も、苗木をご用意しておりますので、手ぶらでご参加ください。
 持ち物など:作業のできる服装
 申込・問い合せ先:NPO法人秩父の環境を考える会(萩原さんあて)
     TEL:0494-24-4116、FAX:0494-23-4101

【お話と楽しいサツマイモ収穫作業】
 日時:平成23年10月8日(土)10:00〜12:30(雨天決行)     


 場所:早稲田大学所沢キャンパス 
    http://www.waseda.jp/jp/campus/tokorozawa.html
 内容:里山の循環について話を聞いたあと、サツマイモを収穫します!ふるってご参加ください☆
 持ち物など:汚れてよい服装、帽子、軍手又はゴム手袋、タオル、長靴又は作業靴
 申込・問い合せ先:ところざわ倶楽部「地域の自然」グループ
          多胡國男(タゴ クニオ)さんあて
       TEL:04-2993-6143  Mail:kunio.tago@sea.plala.or.jp

彩の国みどりのサポーターズクラブメールマガジン(平成23年9月15日発行)



 ビズガーデニングHP TOPページはこちらからどうぞ 

at 11:09, ビズガーデニングのスタッフ, その他

comments(0), trackbacks(0), pookmark

雑草との付き合い方 その5

虫たちの様子からも秋の気配を感じるこの頃です。

ビズには様々な蝶がやってきて、開け放ったドアからアゲハが迷い込むことも 
蜘蛛  も巣作りに励んでいるし、カメムシも見つかります。
先日のブログで書いたように、芋虫たちも食欲旺盛です 

さて今日の雑草は、「ヘクソカズラ」と「ヤブガラシ」です。


「ヘクソカズラ」を漢字で書くと「屁糞葛」。



あんまりなネーミングですが、「サオトメカズラ(五月女葛)」という別名もあるそうで、ネーミングの大切さがわかりますね。

触ると臭いニオイがあるので、「屁糞」のほうで落ち着いちゃったんでしょうね 

恥ずかしながら、我が家の庭の荒れた一角にも生えていたのですが、
虫が住み着いておりました 


(この虫の名前はわからなかったけれど、「アシベニカギバ」でしょうか・・・。)


あ〜あ  、臭いわ、他の植物を苦しめるわ、虫は付くわ  いいところないですね。


お次は「ヤブガラシ」、別名「ビンボウカズラ」です。



これ、個人的に大っきらいです 

なぜって、ある日気がつくと蛇が首をもたげたように生えている  

その形・色と成長の速さ、どこにでも生えてくる超ド根性が憎々しいのです。

花は多少可愛いのですが、花が咲くまで放っておいてはいけませんね。




「ヘクソカズラ」も「ヤブガラシ」も、どんどん蔓を伸ばして他の植物に絡みついてしまうし、
芋虫たちの大好物なので、「見つけたらすぐ除草」 が鉄則 

でも引き抜くときに地下茎がちぎれてしまい、完全に根っこから根絶するのは難しい  ので、
「見つけたら取る」「見つけたら取る」と繰り返すうちになくなってくるそうです。

・・・本当になくなってくるのかな〜  と思ってしまいますが・・・ 


実は、昨日は自宅の庭で、コニファーに絡みついていた「ヤブガラシ」を除去し、
カイガラムシのびっしりと付いていた「月桂樹」を剪定したのですが 
(オイオイしっかり管理しろよ〜 )、
それらから何かが  私の身に降り注いでいたらしく、首周りと腕に湿疹が出てしまいました 

いつまでも痒いし、見た目にもカッコ悪いので、
みなさんも除草や剪定をする時には、肌が露出しないように気を付けてくださいね〜 


<参考文献>

「雑草と楽しむ庭づくり」 曳地トシ+曳地義治 著    築地書館



 ビズガーデニングHP TOPページはこちらからどうぞ 

at 11:19, ビズガーデニングのスタッフ, その他

comments(0), trackbacks(0), pookmark