<< 雑誌Garden Living に掲載されました! | main | オーニング早割りキャンペーン >>

雑草との付き合い方 その7

いよいよ4月になりました 
東京では昨日、桜の開花宣言がありましたね 


さてさて、今日は今年初めての「雑草との付き合い方」です 

皆さんのお宅でもそろそろ雑草のベビーちゃんたちが、早くも小学校に上がる頃になってきているはずです 

ビズガーデニングの芝生もご多分にもれず、雑草ベビーの保育園になってたりします 

でも、決して何もしてこなかったわけではないのですよ 
社長がしばらく前に除草剤を撒いてくれていたのです。

でもね、やはり芝生が暮らしやすい環境というのは、雑草にとっても居心地が良いに決まってるんです。
だから、除草剤のタイミングや頻度は今後の課題としても、やっぱり気が付いた時にひとつひとつ抜いていくしかないな、ということですね 


では今日見つけた雑草ベビーたちの登場で〜す 


 今日一番見かけたのが、コレ。
オランダミミナグサ。
ふわふわしてて丸っこくてかわいいです。
この大きさならサクサクと抜けます。




 この子は芝生にそっくりで、「芝生の新芽が出てきたのかな〜 」なんてうっかり騙されやすいので要注意!
その正体はスズメノカタビラ。
実際の芝生の新芽は、枯れている芝の下の方から少しずつ緑が濃くなるように成長していきますからね〜。



 次はスズメノカタビラに似ているけれど、多分別物。
ハマスゲ(?)ではないでしょうか 



 これには驚きました。
多分スズメノエンドウというのだと思いますが、なんとすでに白い花を咲かせていたのです。
いつの間にか10センチくらいに広がっていて、すっかりそこに住んでいるファミリーのように見えました。



 これは・・・・?
ウラジロチチコグサに似てますが、はっきり分かりません。
ごめんなさい 
これもよく見かけるんですけどね。



 出た〜 
カタバミ。
赤い葉っぱのも緑のもありましたよ。
これがなかなか抜けないんですよね。地際で切れてしまって。
根っこがすごく伸びていきますよね。
どういうわけかカタバミの花言葉は「輝く心」だそうですよ。
花も葉っぱもかわいいんですけれどねえ。



ご紹介した以外にもホトケノザとか名前のわからないのも2〜3種ありました。


芝生の管理で言うと、一般のご家庭ならここまで神経質にならなくてもいいと思います。

でも、ご家庭で掃除機をかけるのと同じくらいの頻度で、
(って皆さんはどれくらいなのかな・・・ 
芝生の雑草処理をする感じでいれば、かなりきれいな芝を維持できるのではないかと思います。
あくまで主婦の感覚です 

ということで、今日のひとこと。
「掃除機をかけたら、お庭もね  」


 ビズガーデニングHP TOPページはこちらからどうぞ 

at 12:04, ビズガーデニングのスタッフ, その他

comments(0), -, pookmark

comment