<< <埼玉県鶴ヶ島市>ナチュラルモダンのエクステリア | main | <埼玉県日高市>モダン和風のエクステリア >>

お店の花壇 その2

4月。新年度になって新たなスタートを切られた方も多いでしょうね。

桜の開花情報もちらほら聞かれるようになりましたし、

新しい季節に明るい気持で、「頑張っていこう」 と気合が入っている店長の浅野です。


さて、2月にリフォームが始まったお店の花壇
しばらく土のままになっていました。

どんな花壇にしようかな・・・

すてきなボーダーガーデンも憧れる・・・
管理がラクでおしゃれなドライガーデンもいいな・・・
コストがかかり過ぎてはいけないし・・・

などなど悩みに悩んでいたところ、
グラウンドカバーに最適な「クラピア」という
かわいいイワダレソウの改良種があると知り

 これは、試験的に植えてみて実際に良かったら、
雑草に悩むお客さまにご提案できるかもしれない 

とすぐに飛びつきました。



クラピアちゃんが届いたところ。



さて、これのどこがスゴイのかというと・・・

日本の在来種であるイワダレソウを改良しているところ。

超高速(芝の10倍以上)で緻密に地表を覆うところ。

種をつけないので、現生態系に影響を与えないところ。

深く根を張るので土壌の流出防止効果が高いところ。

匍匐性があり、緻密に繁茂被覆するので雑草の侵入を防ぐところ。

芝生と比べて刈り込みが減らせるので管理がラクなところ。


とカタログに書いてあることを抜粋。

期待が高まりますよね〜〜〜 


クラピアちゃんは地面に直接植えても効果はあるのですが、
絶対に雑草と戦いたくない(!)私としては
まず防草シートを敷いて間欠植栽することに決定 



防草シートを敷いたところです。

今回はシートを固定する金具も初めて使うものです。



金属でできているので必要な長さで切れるところがうれしい。

花壇の縁はブロックの基礎があるので土が浅い場合がほとんどです。
お店の花壇も15センチは埋め込めず、浅いところでは4センチほどでした。

花壇の際に防草シートを固定しないと、隙間から必ずボーボーと雑草が茂ってしまう 

だから短くてちょっと不安ではありますが、
防草シートを固定できるのは非常にうれしいです 

ちなみに、プラスチックのシートピンだと、必要な長さで切れないし、
押さえの部分がパリッと割れてしまうことがあって 
なかなかきれいに処理できなかったんですよ。



いよいよ植栽です。

17平米に40ポット 頑張りました〜 



植えてからお水をあげてみると、防草シートが熱くなっています。
黒いから熱を吸収しているんでしょうか。

すこしも雑草を侵入させたくなかったために
シートぎりぎりで植えていたクラピアちゃんですが、
蒸れてしまうかも・・・と不安になり



隙間を開けることにしました。



数ヵ月後には花壇を埋め尽くし、
クラピアちゃんの可憐な花が咲き乱れる   

・・・・・・予定です。

お楽しみに 


 ビズガーデニングHP TOPページはこちらからどうぞ 

at 10:24, ビズガーデニングのスタッフ, クラピア成長記

-, -, pookmark